笑顔がある通信制高校

Feed Rss

通信制高校のスクーリングは具体的には?

08.28.2014, 通信制高校, by .

通信制高校には、スクーリングが必ずあります。週に何回行われているのかなどは学校ごとに違いますので、それが選択の上でポイントとなっている時もあります。このスクーリングは「面談指導」といわれているものです。先生と対面し、普段の自主学習の中でわからないことを尋ねたり、進路指導を受けたり、悩みを打ち明けたりなどを行うことができます。しかしこのスクーリングを充実させている通信制高校もあります。これが学校ごとの特徴になりますので、内容などのチェックをHPやパンフレットなどで確認しましょう。


<スクーリングの具体的な内容>

面談指導の一環として、体育や理科の実験、ホームルームのような交流に使っている場合もあります。合宿型のものであれば、林間学校のようにオリエンテーションの雰囲気が強いものもあります。これを機会にコミニュケーションをはかり、不登校などで苦しんだ経験がある生徒の心のリハビリなどを行ったりキャリア育成に使われることもあります。クラブ活動を行っている学校もあります。出来る限り高校生としての生活を楽しませてあげたいということもあり、有意義な使い方をそれぞれの通信制高校が工夫しています。それが苦痛になる人もいますから、どういったことがあるのかは必ずチェックすべきです。

Comments are closed.