笑顔がある通信制高校

Feed Rss

通信制高校についての疑問を解決します!

09.17.2015, 通信制高校, by .

全日制高校を中退して通信制への入学を検討している方も案外多いのではないでしょうか。
通信制高校へ入学したいが疑問を抱えているという方も居るはずです。よく見かける質問は「何歳から入学できるか」というものですが、中学校卒業以上となっています。具体的には15歳以上から入学可能となっています。上限年齢はありませんので、学びたい・通いたいという気持ちのある方であれば入学することが出来ます。そして、受験ではどのようなことを行なうのか気にしている方も居るようですが、書類選考や面接を重視している通信制が多くなっています。中にはテストを実施している場合もあります。
「全日制高校から通信制へ転校は可能ですか?」という質問も多いです。もちろん、可能です。他の高校に在籍していて通信制へ移ることを転入と言います。現在の出席日数や取得単位数により2~3年次へ転入する可能性もあります。


通信制高校は定時制などに比べて不利?

働いている方の中には定時制に通っている方も居るでしょう。
通信制高校を卒業するというのは、定時制に比べて不利になってしまうのかというとそうではありません。全日制・定時制・通信制のどれを卒業しても卒業資格に違いはありません。ただ、同じ全日制高校でも有名な高校が目立つのと同様で、定時制を卒業している事と通信制高校を卒業しているのとでは印象が変わります。ですが、全日制を卒業していないからと言って悪印象を与えるという事はありません。「何か事情を抱えながらもきちんと勉強して卒業した」と高評価に繋がることも多いです。就職の際、企業によっては不利になってしまう場合もありますが、きちんと頑張りを認めてくれる企業も多くありますから、引け目に感じなくてOK。


3年で卒業できなかったらどうなるの?

全日制高校の場合、3年で卒業することが出来ないと留年することになってしまいます。
それがキッカケで中退してしまう方も居るのですが、通信制高校ではどのようになっているのでしょうか。通信制は一般的に3年間で卒業とされていて、それ以上年数をかけてしまっても問題はありません。上限年数は各通信制高校によって異なるため、入学前にきちんと確認しておくことをおすすめします。3年間で卒業を目指す方であれば気にしなくても良いですが、働きながら自分のペースに合わせて卒業したい方は、上限年数のない通信制を選択すると良いです。
「留年」というものはなく、単位を取得することが出来なかったときにはまた撮り直せば良いだけなのです。全てやり直す必要もないので、安心して卒業まで頑張ることが出来ます。

Comments are closed.