笑顔がある通信制高校

Feed Rss

通信制高校が全日制高校と違うところ

10.03.2013, 通信制高校, by .

通信制高校の特徴は大きく分けて3つです。全日制高校とは通学、学習スタイルが大きく異なります。全日制のシステムに馴染めなかった方も、通信制なら自分のペースで頑張れるはずです。


通信制高校の特色

通信制高校の特徴の一つとして私立と公立の違いについて説明いたします。公立校は全日制高校と併設されている事が多く、学費も私立に比べて低く設定されている事が特徴です。私立校はネット上で放送授業を利用できるなど、独自のサービスやカルキュラム体制を構築している事が多く特色のある学校が多いようです。サポート校などもあり卒業までをサポートする体制が整っている事が多いようです。私立、公立と考える事よりも自分の目的に合った学校を探してみる事から始めましょう。


スクーリングとレポート学習

通信制高校には広域通信制と狭域通信制があります。3つ以上の地域から生徒を募集している場合は広域通信制です。年間のスクーリング日数は20日程度ありますので、無理のない範囲で魅力的な学校を選びましょう。スクーリングスタイルも様々で、全日制に近いもの、年に一度合宿(体験学習)と兼ねてスクーリングを行うものなどがあります。学習スタイルはレポート提出による学習が基盤になり、評価においてもレポート提出点が大部分を占めます。

Comments are closed.