笑顔がある通信制高校

Feed Rss

拘束される時間が少ない通信制高校

02.07.2014, 通信制高校, by .

通信制高校が全日制高校と大きく違うところは拘束される時間が少ないことですが、この特徴に魅力を感じて通信制高校に入学する人が多いようです。すでに将来の自分の目標を立てているような人にとっては自分の目標のためにより多くの時間を割くことができるのは大きな魅力です。


単位の修得法の違い

高校卒業するには決められた単位数を修得することが必要ですが、単位の取得するために、全日制高校の場合は1年間授業を受ける必要がありますが、通信制高校の場合は年数回のスクーリングと呼ばれる授業を受けるだけです。その代わりに数回のレポートの提出が必要になりますので、レポート提出のための学習や作成のための時間が必要になりますが、それをいつ行うかはそれぞれが自由に選択できます。拘束される時間は圧倒的に少なくて済みます。


拘束時間の短さを生かす

実際に通信制高校で学んでいる人達の中には既にそれぞれの得意な分野で活躍している人も数多くいるようです。わかりやすい例でいえば芸能人やプロスポーツ選手などとして既に大活躍している方たちの中にも通信制高校で学んでいる方がいるそうです。当然全日制高校でもこういうことが不可能ではないはずですが、拘束時間の短い通信制高校の方がより容易にできるようなシステムになっていると思います。

Comments are closed.